月別アーカイブ: 2015年11月

『人権と生活』41号 巻頭言

日本の帝国主義と植民地主義を問う歴史的存在として

「日本はいま、経済大国でもあり、軍事大国でもあります。そういう大きな国が今度派兵するというのは、どういうことでしょうか。今度は何をするために派兵をするのでしょうか。過去にやったことを明らかにもせず隠したままで、今度は出かけていって誰かを殺すことになるのでしょうか。

過去において不幸にした人びとに対して何らかの謝罪があってしかるべきです。過去に起こったことを、ちゃんと謝罪すべきではないでしょうか。そこから新しい関係が始まるのではないでしょうか。私のように従軍慰安婦にされた人に対して謝ることすらせず、いま派兵する日本が怖いのです」

日本軍性奴隷制による被害に対する日本政府の謝罪と賠償を求め、韓国で初めてサバイバーとして名乗り出た金学順さんが、一九九一年、日本で行った証言である。同年の湾岸戦争をはじめとする自衛隊の海外派遣本格化という日本の軍国主義再現への恐怖の感情が、かつて自身を日本軍の性奴隷とし残虐の限りを尽くしたばかりか、その事実に対して真相究明も謝罪もせず、むしろ「業者が連れ歩いた」と国家責任を否定して憚らない日本の植民地主義への憤怒の感情と共に吐露されている。

日本政府による真の謝罪を求める日本軍性奴隷制サバイバーの呼びかけに対し、日本は一貫して自国の法的責任否定をもって応答してきた。いまや日本軍性奴隷制のみならず、関東大震災時の朝鮮人虐殺、朝鮮人強制連行・強制労働など、植民地支配下で日本の国家権力が朝鮮民族に対して行った数々の反人道的な加害の歴史を否定する言説が、もはや聞き慣れたものとなった状況である。

金学順さんが初めて自身の名前と顔を明らかにして被害の証言をした日から二四年目にあたる二〇一五年八月一四日、日本の安倍晋三首相は「戦後七〇年」に際した内閣総理大臣談話を発表した。談話は、日本が朝鮮を侵略する過程で朝鮮の民衆を大量虐殺した日清戦争には触れず、朝鮮の主権を侵奪した日露戦争を「植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけ」たものとして評価した。義兵戦争や抗日闘争の徹底弾圧を通じた朝鮮植民地化と、併合条約を不法に強制することで朝鮮を植民地とした歴史は抹消し、アジア太平洋戦争に関しても「三百万余の同胞」や「戦火を交えた国々」についてのみ言及し、その生を奪った無数の民の存在は排除することで、自国の植民地支配責任を徹底して無視・否定してのけた。談話は、日本帝国主義による侵略戦争と植民地支配に対する加害責任を果たすことを敗戦後も免がれ、積極的に怠るどころか、加害の事実を隠ぺいし、自国の加害責任を一貫して否定し無化しようとしてきた「戦後日本」の総決算ともいえるものであった。

そして私たち在日朝鮮人は、侵略戦争と植民地支配の歴史の否定という土台の上に新たに形づくられようとしている「戦後日本=平和国家」という「戦後史」の歪曲も看過するわけにはいかない。談話では、日本の「七十年間に及ぶ平和国家としての歩み」が「静かな誇りを抱」くものとして語られ、「世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献」する日本を「終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて(中略)国民の皆様と共に創り上げていく」決意が語られた。

私たちは今、思い起こす。日本と米占領軍による民族教育弾圧に抗するたたかいの中で、日本の警察の銃弾に倒れた朝鮮人青年を。獄中での拷問によって息絶えた朝鮮人活動家を。糊口をしのぐための酒造りの場を日本の警察に襲撃され、射殺された朝鮮人労働者を。日本人高校生に集団暴行され、殺傷された朝鮮人高校生を。朝鮮民主主義人民共和国への偏執的なバッシングの中で、見ず知らずの日本人に制服を切り裂かれ、身体を傷つけられた朝鮮人女子学生を。「スパイの子ども」「不逞鮮人」という排外主義者らの言葉の刃で精神を深く傷つけられ、今も恐怖のただ中で生きていかざるをえない朝鮮人児童を。このような「戦後七〇年」を一体全体、誰が「平和」と呼べようか?

加害の歴史の歪曲は、次なる加害への踏み台となる。日本の朝鮮侵略と植民地支配、さらには「戦後」の加害史まで隠ぺいし礼賛した談話発表の後、ついに「安全保障」法制が成立したことは偶然ではない。「積極的平和主義」という欺瞞のもと、自衛隊の軍靴が踏み入れられる舞台としてまず想定されているのは、他でもない朝鮮半島である。過去の侵略及び植民地支配の責任すら果たしていない日本の朝鮮再侵略企図を、私たちは断じて許さない。

私たち在日朝鮮人こそは、日本の帝国主義および植民地主義が一世紀半にもわたり朝鮮民族へ犯した未曾有の罪過が、どれだけ隠され、無きものにされようとしても、決して消え得ないことを体現する歴史的存在である。朝鮮民族の尊厳をかけて、全力で抵抗していきたい。

『人権と生活』41号・目次

∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴人権と生活 41号 (2015年12月)∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴

■主張:日本の帝国主義と植民地主義を問う歴史的存在として

【特集】「戦後日本=平和国家」観を問う

◇朝鮮から見た日本の戦争観・植民地認識の問題―朝鮮の「150年の非平和」と植民地支配責任論の源流…………慎蒼宇

◇「戦後史」の歴史修正主義に抗する在日朝鮮人史―<歴史改竄体制>克服のための歴史認識を求めて…………鄭栄桓

◇日韓条約50年、課題と展望…………文泰勝

◇日本の戦後体制の形成と解放後在日朝鮮人の地位問題の行方―1949年「田中意見書」の位置付け…………鄭祐宗

■対談

◇土井敏邦×金優綺 ”記憶”と生きる―日本軍性奴隷制サバイバーと在日朝鮮人

民族教育

◇神奈川朝鮮学校の公立分校から自主校移管への経緯―日本側資料から探る…………大石 忠雄

◇朝鮮学校に保健室を!―ヘイトクライム事件を乗り越え、民族教育の地平をめざす…………さとう 大

寄稿

◇聖戦大碑と「平和国家日本」の欺瞞性…………田村 光彰

◇濁酒と解放―内部から腐る平和を問う…………李杏理

連載

◇人種差別撤廃施策推進法案について…………前田 朗

■会員訪問

韓東賢さん(日本映画大学准教授・社会学)”排外主義的な風潮、教育者としてできることはないか”

■エッセイ

◇人権活動と相談活動をライフワークに!…………姜潤華

■最近の同胞相談事情

■人権協会活動ファイル

12・5 国連・人権勧告の実現を! 集会・デモ

「12・5 国連・人権勧告の実現を! 集会・デモ」のお知らせです。

*詳細は、以下のURLよりご覧ください。

http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html

◆日時:2015年12月5日(土)

13:15 集会スタート、15:00 デモ出発

◆会場:代々木公園野外ステージ

◆集会での発言:師岡康子さん(弁護士)

        伊藤和子さん(弁護士)

        寺中誠さん(大学教員)

        賛同団体からの発言

◆主催:国連・人権勧告の実現を!実行委員会

◆連絡先 電話:090-9804-4196(長谷川)

    メール:jinkenkankokujitsugen@gmail.com

    ブログ:http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/

    フェイスブック:https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen

    ツイッター:https://twitter.com/unjinken